江東区亀戸の歯科 | ホワイトニングの山中歯科医院
TOP>江東区 亀戸ホワイトニング

江東区 亀戸ホワイトニング

ホワイトニングとは? ホワイトニング治療は江東区 山中歯科医院まで

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ホワイトニングとは白くすること。美容上の用語として用いられることが多く、化粧品の分野では肌の美白の意味で、審美歯科の分野では歯を白くする意味で用いられる用語である。

歯科におけるホワイトニングとは、審美歯科の一分野であり、広義の意味では「歯を白くすること」全てを指す。例えば歯のクリーニング (PMTC) から始まり、ブリーチング、マニキュア、ダイレクトボンディング、ラミネートベニヤ、セラミッククラウンまで、全てをホワイトニングということができる。狭義の意味ではいわゆる「ブリーチング(歯牙漂白)」のことを指し、現在一般に使用されているホワイトニングはこのブリーチングのことを指すことが多い。

ホワイトニング(いわゆるブリーチング)は、過酸化水素が分解する際に発生するヒドロキシラジカルやヒドロペルオキシラジカルなどのフリーラジカルが、歯の着色有機質の二重結合部分を切断し、低分子化することにより起こる「無色化」により、歯の明度を上げることにより白くする方法である。

ホワイトニングには歯科医院内で行う「オフィスホワイトニング」と、自宅で行う「ホームホワイトニング」、その中間の「アシステッドホワイトニング」、神経のない歯に対して行う「ウォーキングブリーチ」などがある。通常、オフィスホワイトニングには15~38%の過酸化水素製剤、ホームホワイトニングには5~38%の過酸化尿素製剤が使用される。オフィスホワイトニングでは、この薬剤にハロゲンライト、プラズマアークライト、レーザー、LEDなどを当てて、過酸化水素の分解を促進する。

江東区亀戸駅の審美歯科歯科は山中歯科医院まで。ホワイトニング1歯3,000円より。

 

投稿者 医療法人社団宇光会 山中歯科医院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
歯周組織とは? 歯周病治療は 江東区 山中歯科医院まで
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

歯周組織(ししゅうそしき)とは歯を支える周囲組織の総称である。軟組織の歯肉、歯根膜と硬組織のセメント質、歯槽骨の4つの組織を指す。歯周組織が炎症により破壊される病気が歯周病であり、治療には基本治療としてスケーリング、ルートプレーニングが行われる。また従来一度破壊された硬組織の再生は難しかったが近年、GTR法やエムドゲイン等歯周組織再生法が開発され臨床に応用されだしている。GTR法、エムドゲインはともに先進医療に指定されている。

江東区亀戸駅の審美歯科は山中歯科医院まで。歯周病治療も対応しています。
投稿者 医療法人社団宇光会 山中歯科医院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
歯の種類 永久歯 江東区 歯科 山中歯科医院まで
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

永久歯
6歳頃から永久歯が生え始める。人間の永久歯は大きく切歯、犬歯、小臼歯、大臼歯の4種類に分ける事が出来る。現代人の歯は上下合わせて28本。親知らずを含めると32本である。切歯は中切歯、側切歯の2種類上下計8本ある。犬歯は上下計4本。臼歯は計20本存在し、小臼歯(第1小臼歯、第2小臼歯)と大臼歯(第1大臼歯、第2大臼歯、第3大臼歯)に分けられる。乳歯の脱落後に生えてくる、中切歯~第二小臼歯までを代生歯、第二生歯とよび、乳歯の存在しない大臼歯を加生歯と呼ぶ。まず、第1大臼歯(6歳臼歯とも呼ばれる)から生え始め、その後徐々に生え替わっていく。大体13歳頃には前歯から第2大臼歯までの28本が生えそろっている。第3大臼歯は生えてくるのが遅く、また、生えてこない事もあり「親知らず」(知歯/智歯)ともよばれる。

江東区亀戸駅の審美歯科山中歯科医院まで。
投稿者 医療法人社団宇光会 山中歯科医院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
歯の種類 乳歯 江東区 歯科は 山中歯科医院まで
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

 乳歯
人間の子供の頃にある歯は合わせて20本であり乳歯(脱落歯、第一生歯)と呼ぶ。前方から順に乳中切歯、乳側切歯、乳犬歯、第一乳臼歯、第二乳臼歯と呼ばれる。乳歯は生後6~8ヶ月ごろより多くの場合は下顎の前歯から生えてくる。3歳頃には全て生えそろう事が多い。乳歯は永久歯と比べてエナメル質と象牙質の厚みが薄く柔らかい。全体的に歯は小さく、青白や乳白色を示す。石灰化度が低いため、う蝕になりやすい。また、乳歯には骨髄や臍帯血に比べて高密度で幹細胞が含まれており、近親者へ移植できる可能性もあることから、骨などの再生の実用化に向けた研究が進められている。


江東区亀戸駅の審美歯科は山中歯科医院まで。
投稿者 医療法人社団宇光会 山中歯科医院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
歯ってそもそもどういうもの? 江東区 歯科 山中歯科医院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

歯(は、英: tooth)は、口腔内にある咀嚼するための一番目の器官。人体でもっとも硬く、遺体ではその治療状況によって人物の特定の重要な手掛かりとなる。人工歯と区別する意味で天然歯と言うこともある。多くの種類の構造を持ち、それぞれが異なる目的を果たす。歯学では、歯牙(しが)と言う。

また、それに似たものを歯ということがある。例えば歯車、鋸歯など。

歯の部位を示すために、歯の内側を舌側、口蓋側、外側を唇側、頬側、正中に近い方を近心、反対側を遠心、上端を切縁、咬合面という。

多くの高等動物が持つ。人間は乳歯と永久歯の二組を持つが(二生歯性)、ネズミ目のように一組の歯が伸び続ける動物もいれば(一生歯性)、サメのように、二週間に一組ずつ新しい歯が作られていく動物もいる。化石化した哺乳類においてもっとも特徴的な部位であり、古生物学者達は化石の種類や関係を鑑別するのにしばしば歯を使う。 歯は摂食の際の重要な構造であり、その形は餌のタイプと強く結びついている。
 
江東区亀戸駅の審美歯科は山中歯科医院まで。

投稿者 医療法人社団宇光会 山中歯科医院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)