江東区亀戸の歯科 | ホワイトニングの山中歯科医院
TOP>江東区 亀戸ホワイトニング

江東区 亀戸ホワイトニング

補綴(ホテツ)とは?  江東区 山中歯科医院まで

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

補綴科(ほてつか)は、歯冠や歯の欠損を、義歯、クラウン、メタルボンド、ブリッジなどの人工物を用いて修復することを中心とする診療科である。また、エピテーゼといった顎顔面補綴を行うところもある。

歯科大学や歯学部の附属病院に設置されているが、医療法で規定された標榜科ではないため、「補綴科」として広告することができない。

なお本来「補綴」という言葉の意味は、体のどこでも、欠損した部位を人工物で補うというもので、歯科に限ったものではない。また、「補綴」という言葉の意味や漢字が一般に浸透しにくいため、補綴歯科学会内で「歯科整形外科」といった言葉に直した方がいいのではないかと提案されたことがある。
 
江東区亀戸駅の審美歯科は山中歯科医院まで。目立たない入れ歯装置50,000円、義歯50,000円~ メタルボンド1歯52,500円でしています。

投稿者 医療法人社団宇光会 山中歯科医院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
むし歯について④ むし歯治療は 江東区 山中歯科医院まで

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

治療
 
右下の第二大臼歯の治療後。
詰め物がされている。軽度のう蝕であれば、自然治癒することもあるが、一定水準以上まで進行したう蝕により失われた歯の構造は再生しない。しかしながら、治療によりう蝕の進行を止め、歯を保存し、合併症を防ぐことができる。

治療はまず、う蝕部位の歯質を切削し、その後歯科修復材料で形態を修復する。切削時に痛みが伴うと予測される場合は、局所麻酔を使用する。使用する歯科修復材料はう蝕の部位や患者の希望等によりコンポジットレジンや充填用セメント、インレー、アマルガムなどから決める。また審美的理由や耐久性といった理由からハイブリッドセラミックスといった健康保険制度が適用できない素材を用いることもある。

ポーセレンやコンポジットレジンは天然歯と外観が似ているため、前歯に用いられることが多い。奥歯は咬合圧が強い等の理由により、インレー(つめもの)やアマルガムが使われることが多い。アマルガムは水銀の使用に対する問題により、日本では使用が減ってきているが、安価で機械的強さがあることから一般的に使われている国もある。

う蝕が広範囲の場合、クラウンにすることが多い。これはう蝕部位を切削した後、残った歯に上からかぶせる物で、金、ポーセレン、陶材焼付合金等が使われる。クラウンを作成するにはある程度の日数を要するが、直接つめることができるハイブリッドセラミクスを用いる方法もある。

 
歯のレントゲン写真。
真ん中の歯は、歯髄は抜髄され根管が埋められている歯髄の中の神経が炎症を起こしていたり腐敗した場合や、外傷を負っていた場合、歯髄は抜髄される。これは根管治療と呼ばれる。歯髄を取り去った後の根管は埋められ、必要であればクラウンが作られる。

なお、後にレントゲン撮影を行った場合に、どのような治療を行い、どこまで歯科材料が入っているのかを容易に判断できるよう、口腔内に用いる歯科材料は、通常、X線不透過性の材料が用いられる。

重度のう蝕では保存することが不可能であり抜歯適応となっている。

ヒールオゾンや3Mix-MP法等の新しい治療法[5]も考案されてきている。

江東区亀戸駅の審美歯科は山中歯科医院まで。むし歯治療にも対応しています。
 

投稿者 医療法人社団宇光会 山中歯科医院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
8020運動の現状 歯周病治療は 江東区 山中歯科医院まで
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

1999年に行われた第八回歯科疾患実態調査によると、80歳での残存歯数は約8本、20本以上の残存歯を持つ者は約15%となっている。2005年に行われた第九回歯科疾患実態調査においては、80歳での残存歯数は約10本、80~84歳で20本以上の残存歯を持つ者は21.1%と前回調査に比べ、さらに大幅に増加した。口腔衛生への関心の高まりを反映し、残存歯数、20本以上の残存歯を持つ者の割合共に増加してきてはいるが、まだ不十分な状態が続いている。

江東区亀戸駅の審美歯科は山中歯科医院まで。歯周病治療にも対応しています。
投稿者 医療法人社団宇光会 山中歯科医院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
8020運動とは? 歯周病治療は 江東区 山中歯科医院まで
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

8020運動(はちまるにいまるうんどう)とは、満80歳で20本以上の歯を残そうとする運動のこと。厚生労働省や日本歯科医師会により推進されている。20本以上の歯を持つ高齢者はそれ未満の人に比べ、活動的で、寝たきりとなることも少ないなど多くの報告がされている。

江東区亀戸駅の審美歯科は山中歯科医院まで。歯周病治療にも対応しています。
投稿者 医療法人社団宇光会 山中歯科医院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
キシリトールって? 予防歯科は 江東区 山中歯科医院まで
出典:goo ヘルスケア

白樺や樫などの樹木に含まれる成分を加工してつくられる甘味料。砂糖と同じ程度の甘みがあるが、カロリーは砂糖の75%ほど。ミュータンス菌などの虫歯菌は糖分を分解して酸をつくるが、キシリトールでは酸をつくり出せないだけでなく、キシリトールを取り込むことで菌の力が弱まり、次第に菌の数が減っていくことがわかっている。ガムなどで長期間続けてとることで口の中のミュータンス菌が減り、むし歯予防に効果があるとされている。

江東区亀戸駅の審美歯科は山中歯科医院まで。予防歯科にも対応しています。
投稿者 医療法人社団宇光会 山中歯科医院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)