江東区亀戸の歯科 | ホワイトニングの山中歯科医院
TOP>江東区 亀戸ホワイトニング

江東区 亀戸ホワイトニング

江東区ってどう言うところ? 江東区の歯科は山中歯科医院まで

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

東京都の東部、墨田川と荒川に挟まれた位置にあり、東京湾に面している。
「江東」の区名は、隅田川の東に位置するという地理的な意味から、辰巳区、東区、永代区などの候補の中から選ばれた。

1947年2月21日城東区会で、2月25日に深川区会で議決された。江東区の「江」は深川、「東」は城東の意味も含んでいる。

しかし、江東の地名はこの時初めて使われたものではない。すでに古くは江戸時代から使用されており、当時の江東という地域は、本所地区または深川地区を指す意味と、広く隅田川の東部を指す意味があった

江東区審美歯科は山中歯科医院まで。

投稿者 医療法人社団宇光会 山中歯科医院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
入れ歯を目立たせたくない!! 目立たない入れ歯は江東区の山中歯科医院まで
出典: gooヘルスケア

磁性アタッチメントとは、磁石の力を利用して入れ歯を支台歯(しだいし)(支えとなる歯)に連結し、その維持、安定を図る装置のひとつです。基本形態としては、入れ歯に磁石を埋め込み、これにくっつくキーパーと呼ばれる磁性ステンレス鋼を歯の根に土台として埋め込みます。

利点と欠点

 普通の入れ歯は、あごの形や歯の位置の状態によってがたつきやすくなったり、長く使用することによって、バネなどが変形してしまうことがあります。これに対して磁性アタッチメントには、
長期間の使用においても壊れにくく維持力が失われない。
キーパーの厚さや磁石とキーパーとの間隔を変えることで、維持力のコントロールが確実かつ簡単にできる
どの方向からも入れ歯を出し入れできる。
見た目がよい。
できあがった入れ歯は複雑な形ではないので、取り扱いが簡単である。
入れ歯を取り外す時に歯に余分な力がかかりにくい。
などの利点があります。

 欠点としては、
磁石を入れるためのスペースが義歯に必要であり、義歯床が薄くなると義歯破折(ぎしはせつ)の危険がある。
義歯の下に歯の根があるため、むし歯や歯周病(ししゅうびょう)を防ぐための歯ブラシがかけにくい。
歯科医療保険の適応外の治療で、費用が高くなる。
などがあげられます。

 江東区審美歯科は山中歯科医院まで。目立たない入れ歯も山中歯科医院まで。


投稿者 医療法人社団宇光会 山中歯科医院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
むし歯について③  むし歯治療は江東区の山中歯科医院まで
症状
う蝕がエナメル質に限局している間、一般にう蝕は無痛であり、象牙質に達することにより、象牙細管の露出をみて初めて歯痛を覚えることが多い。このときの痛みは象牙細管内の痛覚神経終末に対する直接刺激や、象牙細管内の組織液圧力変化による歯髄痛覚神経終末に対する刺激が起こることによるものと考えられている。 う蝕が歯髄まで到達するまでの過程においては歯髄炎を併発することによる激しい自発痛が発生する場合がある。歯冠崩壊によりう蝕が歯髄まで到達すると髄腔内圧が下がるため、自発痛は一時的に消退する。

歯髄腔が感染した状態を放置し続けると、歯質の崩壊は著しくなり、根尖まで細菌感染が至る結果となり、歯根膜炎を引き起こすことによる拍動感を伴った鈍痛が生じることがある。この後、根尖周囲に歯根嚢胞や歯根肉芽腫が生じることがあり、感染の程度によっては歯瘻が出来ることもある。

やがて歯質の崩壊が進み、残根状態になると、人体の異物排除機転により自然脱落に至る。

江東区審美歯科は山中歯科医院まで。むし歯治療も対応しています。
投稿者 医療法人社団宇光会 山中歯科医院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
むし歯について②  むし歯治療は江東区の山中歯科医院まで

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


原因 [編集]
 
ミュータンス菌口腔内には多くの細菌が存在し、これを口腔常在菌という。この中には多くの原因菌が存在するが、う蝕を引き起こす最も重要な菌はストレプトコッカス・ミュータンスであるが、細菌の量や種類によりう蝕の進行速度が変わる[1] 。

う蝕原性菌、食物残渣、唾液は結合し、歯垢(プラーク)となって歯に結合する。歯垢の付着は、臼歯の咬合面の溝や、全ての歯の歯肉縁、歯科修復材料と歯の境において最も顕著である。

う蝕原性菌は、食品の特に糖質から乳酸などの酸を産生する。歯垢の中に酸が大量に産生されると、口腔内のpH(水素イオン指数)が酸性に傾き、歯の表面のエナメル質を溶かしはじめる。これを脱灰と言う。唾液の作用によって数十分すると、今度はアルカリ性に戻り溶けた歯が補修される。これを再石灰化と呼ぶ。酸性に傾き、アルカリ性に戻る状態をグラフ上の曲線で表したものをステファン・カーブと呼ぶ。

糖質には砂糖やデンプンなど様々な種類がある。酸産生能は糖質の種類によって異なり、砂糖の主成分であるスクロースが最も高く、キシリトールは低い。こうした様々な条件によって歯が脱灰する。この進行の最も重要な因子は、「量」でなく「頻度」である[2] 。一度に大量に摂取することによる脱灰よりも、頻回に脱灰され続けた方が、う蝕が進むとされている。口腔内のpHが低下すると、約30分間エナメル質は脱灰され続ける。また、多量の糖質を摂取することでpHの低下の仕方や脱灰される時間の長さが変わることが知られている。砂糖を溶かした水溶液では砂糖が10%の濃度となるまでこうしたpHや時間が変化する。


エナメル質が溶けはじめた最初期の段階では、エナメル質に抵抗性があることや、歯が再石灰化するため、エナメル質表層は溶けず、その下から溶け始める。これをエナメル質の表層下脱灰といい、この段階を初期う蝕という。この段階では、まだ、再石灰化により、歯が元に戻る可能性がある。

歯垢が歯から取り除かれないと次第に歯石となり、通常のブラッシングではとれなくなる。歯垢や歯石は歯肉縁を刺激し、歯肉炎となり、最終的には歯周炎となる。

江東区審美歯科は山中歯科医院まで。むし歯治療にも対応しています。
投稿者 医療法人社団宇光会 山中歯科医院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
う蝕、齲蝕とは!? (むし歯①) むし歯治療は江東区の山中歯科医院まで 
う蝕(うしょく、齲蝕とも)とは、口腔内の細菌が糖質から作った酸によって、歯質が脱灰されて起こる、歯の実質欠損のことである。一般にはむし歯、虫歯として知られる。歯周病と並び、歯科の二大疾患の一つである。う蝕になった歯は、う歯(齲歯、デンタルカリエス:Dental caries)と呼ぶ。

う蝕は風邪と並び、どの世代でも抱える一般的な病気である。特に歯の萌出後の数年は石灰化度が低いためう蝕になりやすく、未成年に多く見られる。

江東区審美歯科は山中歯科医院まで。むし歯治療にも対応しています。
投稿者 医療法人社団宇光会 山中歯科医院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)