江東区亀戸の歯科 | ホワイトニングの山中歯科医院
TOP>お悩み別治療法

| 差し歯を白くしたい |

セラミック
  メリット

  明るく透明感のある自然な色調が再現できる。
  セラミック素材が体に優しい。
  金属アレルギーの心配がない。(ファイバーコアと併用の場合)
  歯茎が青黒くならない。(普通の生活歯や着色を取り除いた歯の場合)
  唾液の吸収がないため口臭の心配がない。
  変色の心配がない。

  デメリット

症例により、強度的に不安な場合がある。(くいしばりや歯ぎしりが強い場合、対合歯とのクリアランスが少ない場合)
すでに着色している歯だと、漂白してからでないと歯ぐきの黒ずみが消せない。 

セラミックの予約はこちら

  患者様からの質問

オールセラミックってどんな物ですか。

 
オールセラミックは自費診療の差し歯の中でも最も天然歯に近いものです。 明るく透明感のある自然な色調が再現できますし、装着後の変色の心配もありません。装着する土台をファイバーコアにする事で歯茎が黒く変色することもあり ません。また、体にも優しく金属アレルギーの心配もいっさいありません。
オールセラミックの耐久性は。

歯ぎしりの強い方やお手入れの仕方などで、大きく異なりますが、長い人では20年以上もつ方もおられます。素材その物の耐久性に問題はありませんので、年に3~4回の定期的なメンテナンスに来院される事で、永年に渡り自然で綺麗な歯を維持できます。
本当に何年たっても色は変わらないのですか。

はい。変わりません。黄色に色が変わる原因は2つあります。
ひとつは、差 し歯の素材そのものが唾液を吸収してしまう変色です。
そしてもうひとつは、差し歯の表面にプラークが付着する着色です。 保険の差し歯の様に、素材その物 が唾液を吸収し変色してしまうと、それを白くすることは出来ませんが、自費のセラミックの差し歯は唾液をいっさい吸収しないため、素材その物が黄色に変色 する心配はありませんし、着色は簡単なお掃除で綺麗に取り除けます。
  オールセラミックの土台はファイバーコアを選択した方が良いのですか。

  はい。ファイバーコアとの組み合わせが最も望ましいです。
オールセラミッ クは光を透過しますので、土台(コア)に金属を使用すると、その金属で光が遮断されてしまいます。 その点、土台もファイバーコアにする事で、光を自然に 透過し、より天然の歯に近い状態が再現できます。 またファイバーコアの適度な硬さは、土台を取り付ける根っこに優しく歯の根っこが割れる(歯根破折)な どのトラブルも少なく安心です。


高額ですがそれ程の価値がありますか。

  それぞれの患者さん考え方により異なります。
例えば、唾液を吸収して変色してしまう保険適用の差し歯を、2年に1度の割合で綺麗な状態に再治療していった場合、10年間で5回の治療が必要ですよね。 その間に発生する費用と治療にかかる時間や苦痛を考えると、やはり唾液を吸収せず変色の心配もない、セラミックを選択される方は多くいらっしゃいます。 しかし、300万の新車でも何もお手入れをせずに乗っていると綺麗な状態は保てませんよね。定期的なワックス掛けや点検をしないとやはり心配ですよね。 差し歯でも同じです。定期的なメンテナンスを行うことにより、永年に渡り見た目の良い綺麗な歯を快適に使用する事が出来ます


オールセラミックの予約はこちら