江東区亀戸の歯科 | ホワイトニングの山中歯科医院
TOP>お悩み別治療法

| 銀歯を白くしたい |

ハイブリッドインレー
  メリット

硬すぎず軟すぎず粘り強さがあるのでインレーに適している。
保険診療の詰め物と比較し、唾液の吸収が少ない。
保険診療の詰め物と比較し、変色が少ない。
適度な硬さで対合歯に優しい。
 
  デメリット

金属のインレーに比較すると耐久性はやや劣る。
 
  患者様からの質問

ハイブリッドインレーってどんな物ですか。

 
ハイブリッドインレーは、セラミックの透明感と樹脂の粘り強さを併せ持っていますので審美的にも強度的にも優れています。奥歯の白い詰め物には最も適した材質です。
ハイブリッドインレーはセラミックインレーとどう違うのですか。

セラミックインレーと比較すると、やや透明感は劣りますが、ほとんど変わらないくらいの違いです。ハイブリッドインレーは適度な粘り強さを兼ね備えていますので、噛む力の強い奥歯の白い詰め物には最も適していると言えます。
ハイブリッドインレーの耐久性は。

お手入れは、お伝えするブラッシング方法を心掛けて頂ければ大丈夫です。
メンテナンスは3ヶ月を目安に定期的に来院して頂き、噛み合わせが変化していないかなどの確認をさせて頂きます。 装着時はベストな状態でも、年月が過ぎるにつれて、装着したセラミック以外の歯が、移動したり、磨り減ったりする事がありますので、それにあわせて、セラ ミックの微調整をお口の中で行います。これにより装着した差し歯も安定し、永年に渡り綺麗で丈夫な歯を保てます。

ハイブリッドインレーの予約はこちら